建設業許可&経営事項審査(経審)&入札参加資格審査サポート

建設業許可、経営事項審査(経審)、入札参加資格審査に関する情報等を大阪府八尾市の野村行政書士事務所が提供しています。

経営事項審査申請

業務への取組み方について(その1)

『お客様のベストを追及する』



そのために、お客様が業務を依頼される『目的の把握』から始めます。

・建設業許可を何のためにとるのか?(経営事項審査を何のために受けるのか?)
・将来、どういう事業展開を考えられているのか?

そこから、申請のベストな形を考えます。


次に、お客様の『負担とそれによるリターン』を考えます。

許可などの要件が揃っており、当事務所に業務を依頼されても、全てを当事務所で処理することは不可能です。

お客様自身で行っていただくことが必ずあります。

5の負担で最小限の目的を達せられるとき、8を負担することにより将来の拡張性が大きくなるときなど、お客様の負担によって書類の内容が異なってくる場合があります。

そんな時は、お客様にそれぞれのメリット・デメリットをご説明するとともに、当事務所のアドバイスをさせていただきます。

その上で、どのような形で申請するのかをお客様に決定していただきます。


以上から、お客様の負担とリターンが最もバランスのとれた形で、お客様の目的達成のために必要な業務が行えるものと考えています。


*******************************

建設業許可、経審関係の手続きは野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650

【業務日誌】見積書

先日、ホームページを見て電話でお問い合わせいただいたお客様から、経営事項審査申請一式の見積りのご依頼をいただきました。

お電話では、当事務所の標準報酬額(当事務所で最も多い規模のお客様を想定)をお知らせしたのですが、会社の内容を知った上での見積書が欲しいとのことでした。

で、お客様の会社にお邪魔し、ヒアリングした会社の規模や状況、内容から見積りしました。

結果としては、当事務所の標準報酬額より高い金額となりました。

その理由としては、お客様の建設業法令に対する認知度と、求められるコンプライアンスのレベルを勘案し、当事務所が標準としている内容よりも、時間的・レベル的に高いものを提供する必要を感じたからです。

経営事項審査を受審し、公共工事を受注しようとする企業にとって、法令遵守は当たり前になってきています。

また、より高いレベルでのコンプライアンスを求める必要がある場合、営業職を含む広い範囲の従業員に周知することも必要になるなど、とても申請の時のみの説明で事足りるというわけにはいかず、継続的な啓発等が必要になります。

今回の場合、申請手続きにある程度のコンプライアンスに係るアドバイスを含めるのが最低の条件だと当事務所で判断し、その分の報酬を加算させていただきました。

お客様にとっても、私にとってもWin−Winな報酬設定であると思っています。


*******************************

経営事項審査なら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650
野村事務所ご案内