建設業許可&経営事項審査(経審)&入札参加資格審査サポート

建設業許可、経営事項審査(経審)、入札参加資格審査に関する情報等を大阪府八尾市の野村行政書士事務所が提供しています。

建設業関係情報

八尾市が市有施設の屋根貸しによる太陽光発電事業者を公募します。

八尾市が市有施設の屋根貸しによる太陽光発電事業者を公募しています。

対象施設は、山本小学校、安中小学校、志紀中学校、上之島中学校をはじめとする計13施設です。

選定スケジュールは次のようになっています。

平成 26 年 10 月 27 日(月) 〜 11 月7日(金)  現地確認参加申込書の受付
平成 26 年 11 月 4日(火) 〜 11 月 14 日(金) 現地確認
平成 26 年 10 月 27 日(月) 〜 11 月 17 日(月) 質問の受付
平成 26 年 11 月 20 日(木)まで 質問に対する回答を随時行う
平成 26 年 12 月1日(月) 〜 12 月8日(月) 事業応募申込書等受付
平成 26 年 12 月9日(火)まで 応募辞退届の受付
平成 26 年 12 月中旬 審査
平成 26 年 12 月中旬(予定) 提案者へのヒアリング又はプレゼンテーション
平成 26 年 12 月下旬(予定) 事業候補者の決定・決定通知

建設業という受注次第の事業に、毎月の安定した収益をプラスするチャンスかもしれませんね。
太陽光発電の電力買取価格は来年度下がることがほぼ決まりですので、事業として成立するのは今年度限りでしょうか。

詳細は、八尾市のサイトをご確認ください。
http://www.city.yao.osaka.jp/0000023650.html


建設産業の女性の活躍に関する総合ポータルサイト「建設産業で働く女性がカッコイイ!」が開設されました。

建設産業で働く女性を増やすべく、国土交通省が取組みを始めています。

平成26年9月30日から、建設産業における女性の活躍を応援するため、情報を一元的に発信する総合ポータルサイト「建設産業で働く女性がカッコイイ!」が開設されました。

確かに最近、私のお客様の会社においても、女性の技術者が少しづつではありますが、増えてきています。
これからは、どの業種においても女性の活用が不可欠ですね。


建設産業で働く女性がカッコイイ!
http://genba-go.jp/know/woman/


国土交通大臣許可業者の建設業許可申請書等についての都道府県知事による閲覧が廃止されます

国土交通大臣許可業者の建設業許可申請書等についての都道府県知事による閲覧が平成27年4月1日をもって廃止されることになりました。

これにより、国土交通大臣許可業者の建設業許可申請書等の閲覧については、国土交通省の各地方整備局でないと閲覧できなくなります。

詳細は、国土交通省のサイトでご確認ください。


なお、国土交通大臣管轄の許可・免許等業者の主な内容については下記のサイトで見ることができます。

国土交通省 建設業者・宅建業者等企業情報検索システム
http://etsuran.mlit.go.jp/TAKKEN/


長期優良住宅化リフォーム推進事業の公募開始

平成26年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業「評価基準型(2)」(補助上限額200万円/戸)の公募が国土交通省において開始されました。

耐震性、劣化対策、省エネルギー対策等の部分につき、対象になるようです。
1戸あたりの補助額は、3分の1で、上限額は200万円です。
応募期間は、平成26年7月18日〜8月20日まで。
また、補助の対象となる方は、発注者と工事施工業者です。

工事施工業者からのリフォーム提案などに使えるかもしれませんね。

詳細は、独立行政法人建築研究所のサイトでご確認ください。


【大阪府】入札参加除外措置

『入札参加除外措置』ってご存知ですか?

暴力団員及び暴力団密接関係者に該当する企業を公共工事等に参加させないようにすることです。

大阪府の場合、『大阪府公共工事等に関する暴力団排除措置要綱』によって規定されています。

そして、『入札参加除外情報』として大阪府のサイトで公表されています。

当然、該当する企業の全てが全てわかっているのではないでしょう。

ただ、自らが元請として下請業者と契約する場合や、自らが下請となって契約する場合は、最低限こういう情報をチェックしておく必要がありますね。

大阪府発注の建設工事における建設事業者の社会保険加入促進について

いよいよ、大阪府が平成25年11月以降に発注するすべての建設工事について、社会保険の加入が条件となります。(適用除外企業を除く)
したがって、平成25年11月以降は、法人で社会保険に未加入の建設業者は、大阪府の入札に参加できなくなります。

また、平成26年4月からは、大阪府発注の工事の全ての下請業者の社会保険加入を確認し、未加入の場合は社会保険の担当機関に通報されます。

そして、平成27年度の大阪府建設工事競争参加資格審査には、未加入業者は申請できなくなります。

 以上より、事実上平成26年4月以降は、大阪府の発注工事にかかわる元請・下請建設業者については、未加入業者が完全に排除されることになりそうです。

 なお、上記は大阪市も同様です。

詳細は、大阪府のサイトをご確認ください。


*******************************

入札参加資格審査の手続きなら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650


【国土交通省】『社会保険未加入対策の推進等に関する説明会』資料を公開

国土交通省がこの7月から全国10か所で開催している 『社会保険未加入対策の推進等に関する説明会』の資料を公開しています。
下記のように、社会保険のことだけでなく、いろんな資料がありますので、今後の建設業をどのようにしていくつもりなのか、一度読んでみられてはいかがでしょうか。

資料1 社会保険未加入対策に関する最近の取り組みについて
資料2 職業訓練の推進について
資料3 建設業災害対応金融支援事業について(パンフレット)
資料4 地域の建設産業及び入札契約制度のあり方検討会議における検討状況について
資料5 新労務単価フォローアップ相談ダイヤル等
資料6 消費税転嫁対策について
参考1 社会保険等の加入徹底に向けた周知・広報
参考2 みんなで進める一人親方の保険加入
参考3 国土交通省と厚生労働省の連携による当面の建設人材不足対策について
参考4 建設労働者確保育成助成金の解説及び「様式の記入例」
参考5 建退共制度のあらまし(パンフレット)


詳細は、国土交通省のサイトをご覧ください。



*******************************

建設業許可、経審関係の手続きなら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650

国土交通省が海外建設市場データベースの運用を開始しました。

平成25年4月30日より、国土交通省が海外建設市場データベースの運用を開始しました。

アジアを中心として、各国の建設市場に関する情報を提供しています。

「海外に進出する」または、「海外ででけへんかな」と考えておられる方、一度覗いてみてください。

詳しくは、海外建設市場データベースをご確認ください。


*******************************

建設業許可、経審関係の手続きなら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650

【大阪府】社会保険等への加入について(指導)


大阪府からの経営事項審査申請の結果とともに、「社会保険等への加入について(指導)」なる書面が同封されてきました。

DSC_0440

建設業許可の新規申請や更新申請に送られるのは承知していましたが、経営事項審査申請時にも送ってくるのですね。

ここは、家族経営(夫婦+社長の兄弟)のみの会社ですので、今まで加入されていませんでしたが、今後は加入していただくことになりそうです。

なお、以下のような流れとなるようです。(大阪府の場合)
(1)4か月以内に加入の報告がない場合は、再度指導書を送付。
(2)(1)から2か月以内に未加入の場合は、保険担当部局へ通報。
(3)保険担当部局から法令違反である旨の通知を受けた場合は、建設業法に基づく行政処分。

【大阪府】建設工事等の工事等成績評定点

 大阪府において、平成25年4月から建設工事等の工事等成績評定点の「項目別評定内訳表」が検査合格決定時に開示されることになりました。

 現在は、原則「工事等成績評定点」の通知については合計点のみが通知されていますがが、改正後は「項目別評定内訳表」についても同時に通知されることになります。

 現在の公共工事の中で、価格のみの競争入札においては、最低制限価格公表工事は最低制限価格での入札が一般化しており、業者毎の施工技術、管理能力等は入札時においては評価できないものとなっており、『安ければよい』形となっていました。
 しかし、施工技術や管理能力を評価する総合評価方式の公共工事も徐々に増えてきており、先進的な企業においては「工事等成績評定点」を重視するところも増えてきています。

今後は、入札企業の差別化が工事等成績評定点によって評価されていくことが予想されます。

詳細は、大阪府のサイトをご確認下さい。



*******************************

建設業関連の手続、アドバイスは野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650
野村事務所ご案内