建設業許可&経営事項審査(経審)&入札参加資格審査サポート

建設業許可、経営事項審査(経審)、入札参加資格審査に関する情報等を大阪府八尾市の野村行政書士事務所が提供しています。

経営事項審査(経審)

加点対象技術者資格の追加による経営事項再審査申請受付中です

平成28年8月1日に経営事項審査の審査基準が改正されたことに伴い、経営事項審査の再審査の受付が始まっています。

対象となる業種は、『とび・土工工事業』『解体工事業』です。

新たに追加された資格は、『登録ぐい工事試験』『登録解体工事試験』です。

それぞれ、2点加点されます。

詳細については、大阪府のサイトをご確認ください。



*******************************

建設業許可、経審関係の手続きなら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650

経営事項審査シミュレーション

写真 2016-06-27 17 40 56

当事務所で行っている経営事項審査のシミュレーションです。

多くの建設業者様、行政書士が使用しているソフトで行います。

同じソフトを使うとシミュレーションも同じ、という訳ではありません。

元となる試算表の処理や、どのような考え方でシミュレーションを行うかで、お客様が望むシミュレーションができるかどうかが決まります。

お客様が知りたいことを的確にシミュレートできるかが重要です。

そのため、前提条件や評点の説明などもしっかり行います。

特に、格付けのライン上の点数となった場合は、ダブルチェックなど、可能な限り誤差が生じないように慎重に行います。

ある意味、実際の申請よりも神経を使いますね。



*******************************

建設業許可、経審関係の手続きなら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650

経営事項審査改正案

国土交通省の中央建設業審議会で、平成27年度4月1日に施行されると思われる経営事項審査の改正案が公開されています。

主な改正点として、次の項目が新たに評価対象になるようです。

1.技術職員名簿に記載されている35歳未満の技術職員数が技術職員名簿全体の15%以上の場合
2.新たに技術職員名簿に記載された35歳未満の技術職員数が技術職員名簿全体の1%以上の場合
3.現在、評価対象となっている建設機械に
  ・移動式クレーン(吊り上げ荷重3トン以上)
  ・大型ダンプ車(車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上で、事業の種類として
   建設業を届け出、表示番号の指定を受けているもの)
  ・モーターグレーダー(自重が5トン以上)

詳細は、国土交通省のサイトでご確認ください。


【大阪府】社会保険等への加入について(指導)


大阪府からの経営事項審査申請の結果とともに、「社会保険等への加入について(指導)」なる書面が同封されてきました。

DSC_0440

建設業許可の新規申請や更新申請に送られるのは承知していましたが、経営事項審査申請時にも送ってくるのですね。

ここは、家族経営(夫婦+社長の兄弟)のみの会社ですので、今まで加入されていませんでしたが、今後は加入していただくことになりそうです。

なお、以下のような流れとなるようです。(大阪府の場合)
(1)4か月以内に加入の報告がない場合は、再度指導書を送付。
(2)(1)から2か月以内に未加入の場合は、保険担当部局へ通報。
(3)保険担当部局から法令違反である旨の通知を受けた場合は、建設業法に基づく行政処分。

【大阪府】経営事項審査の審査制度改正に伴う取扱い変更

平成24年7月1日からの経営事項審査の審査制度改正に伴う取扱い変更につき、大阪府から発表がありました。

改正前の基準による結果通知書の受付期間は、原則、平成24年6月15日(金曜日)まで。

ただし、特に希望する場合は6月中は受け付けられます。

7月2日からは新基準の申請のみの受付となります。

また、再審査については、

平成24年7月2日(月)から10月26日(金)までです。

詳しくは、大阪府のサイトをご確認ください。


*******************************

建設業許可、経審関係の手続きなら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650

「建設業における社会保険未加入問題への対策」施行決定

「建設業における社会保険未加入問題への対策」についての法令の施行が確定しました。
具体的な書類や記載方法等については、今後決定されますが、対策については以下の通りです。

1.建設業許可申請書の添付書類への保険加入状況の追加(施行日:平成24年11月1日)

2. 施工体制台帳等の記載事項への保険加入状況の追加(施行日:平成24年11月1日)

3.経営事項審査における保険未加入企業への減点措置の厳格化(施行日:平成24年7月1日)


したがって、

経営事項審査を受ける方については、審査基準日(決算日)が7月1日以降の方は改正後の経営事項審査で受審することになると思われ、未加入の場合は減点幅が大きくなります。

また、建設業許可の更新・新規申請等については、11月1日以降の申請は保険加入状況の書類の添付が必要になります。ただ、許可要件とはなっていませんので、未加入であっても許可は可能と思われますが、行政からの関係官署への通報等が考えられますので、事実上加入の義務づけといえそうです。

詳細は、国土交通省のサイトをご確認ください。


*******************************

建設業許可、経審関係の手続きなら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650

【業務日誌】経営事項審査シミュレーション

顧問先のお客様から経営事項審査のシミュレーションを依頼されました。

決算前ですが、利益が上がりすぎそうなため、できれば従業員に特別手当を出したり、機械・備品等を購入したいとのこと。

決算書を見てみると、利益が結構出ています。

さっそく、現時点での経営事項審査シミュレーションをしてみました。

DSC_0071


まず、税務会計を建設業会計に修正して現状でのシミュレーション。

次に、

・従業員の特別手当をどの程度払えるか

・一括償却できる備品等に使える金額はどれくらいか

をシミュレーションしました。

週明け、お客様に喜んでもらえそうです。


行政書士 野村俊隆

【大阪府】「経営事項審査申請の手引き」が改正されます

大阪府の「経営事項審査申請の手引き」が改正されます。

新しい手引は、平成24年4月1日以降申請分から適用されます。

それにしても、変更点を

「特殊な経営事項審査における提出書類の変更など」

とだけ記載しており、詳細にどこを変更したかを記載しないのはどうなんでしょうね。

行政がよく使う 「など」 がしっかり入っているので、記載以外のどこが変わっているのかを最初から最後までチェックしなければならなくなりました。

詳しくは、大阪府のサイトでご確認ください。


*******************************

経営事項審査(経審)の手続きは野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650

【大阪府】南河内防災ボランティア制度が変わります

平成24年4月1日から南河内防災ボランティア制度が変わります。

主な変更点は、次の点です。
1.地震防災だけでなく大雨洪水警報も対象となる。
2.3年間の有効期限が設けられた。
3.南河内土木事務所で年2回程度実施される訓練や研修への参加が義務付けられた。

なお、今まで登録されていた業者の方も新しい制度に登録する必要があります。
また、経営事項審査で本制度を防災ボランティア制度加入として申請されている方は、新制度の登録をしないと加点されなくなりますので、ご注意下さい。

現在、すでに受付中ですが、3月中旬までに申請すると、4月1日から有効となるようです。

この制度はどうやら各土木事務所独自のようで、この変更は今のところ南河内土木事務所だけのようですね。

詳しくは、大阪府のサイトをご確認ください。


*******************************

経営事項審査(経審)関係の手続きなら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650

【業務日誌】経審シミュレーション

当事務所では、お客様の希望にかかわらず、経営事項審査の申請手続きをご依頼いただいた場合は、必ず経審シミュレーションを行っています。

それ以外にも、
技術者が一人減った場合は?
売上が○○千円下がった場合は?
など、お客様の希望があれば、将来予想に基づいてのシミュレーションもしています。

そんなうちの事務所ですが、先日、お客様からありがたいご指摘をいただきました。

「大阪府のランク、今回はCやと思ってたのにBになってる。」

ランクについては、もちろん経審シミュレーション時に案内させてもらっているのですが、そのお客様の場合は、審査基準日の関係で、今回の経審ではなく、前回の経審の結果でランクが決定されていました。

そのため、前回の経審の時には説明させていただいたのですが、今回のような行き違いが生じたようです。

ということで、さっそく野村事務所独自のランク表を作成し、その経審の結果ではいつから何ランクになるかわかるように改良しました。

そして、経営事項審査の結果通知書と一緒にファイリングし、書類をお返しすることにしました。

これでまた、行き違いの要因を一つ減らすことができたはずです。

何年やっても、いくらでもやることがありますね。


*******************************

経営事項審査申請なら野村行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせは、
野村行政書士事務所
072-999-3650
野村事務所ご案内