建設業許可&経営事項審査(経審)&入札参加資格審査サポート

建設業許可、経営事項審査(経審)、入札参加資格審査に関する情報等を大阪府八尾市の野村行政書士事務所が提供しています。

監理技術者等が工事現場に専任すべき工事

 監理技術者又は主任技術者が工事現場ごとに専任を要求される場合は、以下のとおりです。

○公共性のある工作物に関する重要な工事
 ・公共性のある工作物とは、個人住宅を除くほとんどすべての工事
 ・重要な工事とは、請負金額が2500万円以上(建築一式工事は5000万円以上)の工事

○元請負人、下請負人の区別なく専任が求められます。

○営業所の専任技術者はなることができません。

○他の工事現場との兼任はできません。

配置技術者

配置技術者とは、工事現場に配置すべき技術者です。

建設業の許可を受けている者は、適正な施工を確保するために工事現場に、一定の資格を有する者(主任技術者又は監理技術者)を置く必要があります。

【原則は】
元請か下請か、請負金額にかかわらず主任技術者を配置する必要があります。

【ただし、】
元請として受けた工事で、下請に出す合計金額が3000万円以上(建築一式工事の場合は4500万円)となる場合は、主任技術者の代わりに監理技術者の配置が必要です。
なお、特定建設業の許可も必要となります。



※主任技術者と監理技術者の違い
法律上は、詳細な説明がありますが、非常に簡単に言うと監理技術者証を持っている人が監理技術者で、それ以外の技術者が主任技術者です。
野村事務所ご案内